Type your search keyword, and press enter

アンチエイジングしてみる

30代に突入し、急にお肌にハリやうるおいがなくなり、仕事場や、休みの日にたくさん笑った日、もしくは作り笑顔をしていた時間が長い日の夜に鏡を見ると笑っていなくても、くっきりほうれい線が肌に刻まれているという時がよくあります。
若いころは夜の間には消えていたものが今では消えないどころか、翌日までくっきり残っていることもあります。
ほうれい線があると5歳は老け込んでしまう気がします。
そして、何よりも嫌なのが、メイクをして時間がたつと、ほうれい線にファンデーションが入り込んでしまい、メイク直しをするのが大変なことです。
私のイメージでは、ほうれい線は50代、もしくは60代くらいから気になりだすものだと思っていたので、とってもショックです。
そこで、少しでもほうれい線を薄くするために、今では、お風呂上りにシートマスクなどでパックをしたり、リンパマッサージで顔のむくみをとるような要領で
少しでもほうれい線が刻みこまれないように日々、地道に努力しています。
そうするとやはり、翌日に少しですが、差がでます。